株式会社ワールド機能性原料研究所

機能性素材、原料の研究・開発・販売。人々の健康と美に貢献することを理念に世界の先端を走る企業を目指しています。

NMN純度99.9%開発に成功!8月中旬から原料供給開始!

10若く見る人嘉造

昨年12月に行なった健食受託製造企業へのアンケート「人気受注素材ランキング」でも、19年下期実績、20年上期予想の両方でNMNの名が挙がるなど、ホットなキーワードだ。NMNは、母乳や枝豆、ブロッコリー、アボカド、トマトなどに含まれる物質。

体内での合成については、食品中に含まれるビタミンB3(ニコチンアミド)を材料にNMNがつくられる。またNMNは、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)の前駆体であり、最近の研究で、NADは長寿遺伝子群(サーチュイン)を活性化することが確認されている。なかでもワシントン大学医学部の今井眞一郎教授を中心に研究が進められ、同氏の最新研究では、NMMに顕著かつ広範囲な抗老化作用があることがわかり、血液循環中に存在するNDA合成系酵素「eNAMPT」が、老化・寿命の制御に重要な役割を果たしていることが確認された。

こうした研究成果から、アメリカや中国では既にサプリメントとして多くの商品が流通している。「若返りサプリメント」と称され、セレブが好んで利用しているという。日本では、実業家の堀江貴文氏がラジオ番組で愛用しているとの発言もあり、話題に。

ネット通販で注目が集まっている。食品利用への期待が高まる一方で、ネックになっているのが原料価格。高額原料として知られるが、なかには1 キロ当たり100万円近くするものもあるという。

また、品質面、安全面での懸念も。原料の多くは海外産であり、輸入品のなかには製造工程が不明瞭な原料があることを不安視する声もある。国内大手商社では、NMNの取り扱いを様子見するなど慎重な動きもみられる。若返りサプリとして話題性抜群のNMNだが、食品としての利用拡大にあたっては、安全性や、トレーサビリティの担保が課題。

弊社は安全性を第一とし、市場最高純度に挑戦する!

2020年07月18日 08:09

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

株式会社ワールド機能性原料研究所

World Functional Raw Material Research Institute, Inc.

〒600-8815 京都市下京区中堂寺栗田町93番地 KRP4号館3階BIZNEXT

TEL 075-315-9496 / アクセスはこちら